カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

小鳥のさえずりのような音色が楽しい!水笛(4色)<ペルー直輸入/フェアトレード>

水を入れて吹く水笛です。
ペルーを代表するフェアトレード団体「MINKA」より届けられた鳥の形の水笛です。
そのまま吹くと「ピー」と音がするだけですが、少し水を入れて吹くと、
「ピョピョピョ」と小鳥のさえずりのような美しい音が!
とても楽しく、大人にも子供にも人気です。
美しい音色のペルーの水笛は、プレゼントにも喜ばれます。
素焼きにていねいなハンドペイントです。
素朴な姿と美しい色合いの水笛は、インテリアとしても。
眺めているだけでもホッと癒されます。

小鳥のさえずりのような音色が楽しい!水笛(4色)<ペルー直輸入/フェアトレード>

価格:

1,080円 (本体 1,000円)

[ポイント還元 11ポイント〜]
カラー:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

長さ:約6cm×幅:約4.5cm×高さ:約6cm
ペルー製

水笛「
頭の上の穴から水を入れます。
いい音が出るよう、少しずつ
水の量を調節してください。
吹くのはしっぽの先です。


水笛 クリーム 【水笛<クリーム>】
やさしいクリーム
水笛 ブルー 【水笛<ブルー>】
鮮やかなブルー
水笛 ベージュ 【水笛<ベージュ>】
穏やかなベージュ
水笛 ミントグリーン 【水笛<ミントグリーン>】
さわやかなミントグリーン



【フェアトレードってなに?】
途上国の人々が生産した製品を適正な価格で、継続的に購入することを通じ、
立場の弱い生産者の生活改善と自立を目指す貿易のパートナーシップのことを
フェアトレード(公正な貿易)と言います。
生産者が伝統的な手法で自立することにより、環境への負担の少ない持続可能
な社会作りができます。
また、失われつつある貴重な伝統技術を次の世代に伝えていくことができます。
買い手にとっては、買い物することで気軽にできる国際協力です。

【フェアトレード団体〈MINKA〉について】
MINKA(ミンカ)は、職人の経済的自立の支援、コミュニティー発展の支援、
環境保護などを目的として1978年に設立されました。
1991年にIFAT(国際フェアトレード連盟)に加盟。
ペルーを代表するフェアトレードの生産者団体です。
織物、編み物、焼き物、楽器など、約60団体3,000名ほどの人々が、
ペルーの伝統的な民芸品制作に従事しています。(2005年現在)
「ミンカ」とは、ペルーの先住民族の言葉ケチュア語で
「コミュニティーやグループで協力して仕事をする」
ということを意味する言葉です。


【オカリナ製作プロセス】
ペルーの「フェアトレード団体「ミンカ」の生産者グループのひとつを、インカの古都クスコ郊外の村、
クージョ・グランデに訪ねました。ここでは10家族がオカリナ作りに従事しています。

オカリナ 製作プロセス
粘土を型に入れ
オカリナ 製作プロセス
しっかり抑える
オカリナ 製作プロセス
型から取り出したところ
オカリナ 製作プロセス
はみ出た粘土を
ていねいに取り除き
オカリナ 製作プロセス
穴を開ける。
穴の位置が悪いと音が出ない。
ため、職人の腕の見せ所。
オカリナ 製作プロセス
この後、乾燥、焼成、ペイントします。
左が完成形。
オカリナ 粘土
制作前の粘土のかたまり。
オカリナ 製作プロセス
使用する染料はフェアトレード団体
「ミンカ」指定のもの。
有害物質が含まれていないので安心。


オカリナ 製作プロセス
お世話になったフランシスコさん(中央)の家族と仲間たち。
向かって右がこのグループのリーダー、ウィリーさん。

ページトップへ